修身と道徳の違い(?) 後

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

こんばんは。
「自由」と「平等」を並立させたため、「権利」を強調せざるを得なくなり、「責任」を霞ませる、

ですね。
日本にも訴訟社会がやってきそうです。

競争に敗れて、反省の念が生まれる。
勝ってさらに高みを目指し、戦う相手を尊敬する。
そんな気がします。

IMA

Comment by:  I M A  | 2013- 09-16 | 編集

ありがとうございます。

>競争に敗れて、反省の念が生まれる。
>勝ってさらに高みを目指し、戦う相手を尊敬する。
>そんな気がします。

 私もそう思います。これこそが「謙虚」ということでしょう。
 「勝って驕らず、負けて悔やまず」という言葉は聞いても、人生訓として暗誦しているだけでは意味がない。
 勝って驕らず(そこに胡坐をかかず)謙虚に見直して高みを目指す。負けて悔やまず、これまた謙虚に見直して即座にやり直し始める。
 勝った時も、負けた時も「相手があったればこそ」、と感謝の気持ちを持つのは難しいようですが、自身を振り返る、という事なら意外にできる筈なんですよね、日本人は。「謙虚さ」の中で生まれ育ってますから。

Comment by: 再起(せき)SR400  | 2013- 09-16 | 編集