「石見銀山から」 朝鮮の技術者

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

おはようございます。

いつも学ばせていただき有難う御座います。

『これは他人ごとではありません。
 日本もまた「一時期、彼の国は恩人であった」という事実を、無視乃至軽視すれば、
 彼の国と同じところまで堕してしまいます。』

本当にその通りですね。

Comment by: うるとらまん  | 2013- 08-09 | 編集

 ありがとうございます。
 謙虚さを以て、他に接するのが「島国根性」の真骨頂だと思うんです。
 自らも努力をするけれど、良いものを真剣に見つめて我が物にしようとする。
 それが感謝の気持ち、というものなんじゃないでしょうか。
 それを忘れて周辺の動向ばかり気にしたり、自身を見詰めることもしないで「資源もないし、若者もいない。何もない」と嘆く。
 そんなの、日本人はとても嫌った、と思うんですが。

Comment by: -  | 2013- 08-09 | 編集