「海の記念日」

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

こんにちは。
気分を害されていないようで安心しました。
「海の記念日」について教えて下さって、有り難う御座います。
これからも色々教えてください。
リンクされたHPに日の丸を見ると嬉しくなりますね。
祝祭日には各家庭の入り口に掲げられていた日の丸の旗が、
最近は見られないのが寂しいですね。

Comment by: -  | 2013- 07-14 | 編集

実感って大事ですよね

 中学生の頃でしたか、近所が日章旗を一斉に購入したような気がするんです。
 私の家は小さな社宅でしたから、玄関わきの柱に一輪挿しみたいに立てる小さなものでしたが、気持ちの良いものでした。
 ここ数年、また掲げる家が増えてきたような気もするんですが、なかなか昔のようにはなりませんね。

Comment by: 再起SR400  | 2013- 07-15 | 編集

海の日

おはようございます。海の日がそういう由来だったとはしりませんでした。

なんか最近は、とういか戦後は祝日の名称が変わってしまったので、何が由来でどういう意味を持つかぼやけてきていますね。

日本の伝統を思い出したいです。

教えていただき、ありがとうございました。

Comment by: シエル  | 2013- 07-15 | 編集

ゴエモン登場

リンクありがとうございますにゃ|ωΦ)ノ 

Comment by: ◆鈴木淳子◆  | 2013- 07-15 | 編集

 世界規模の「陰謀論」、なんていうと、都市伝説みたいな話になりますが、古今東西を問わず、奸計は限りなくあります。枝葉末節のそれなのか、幹としてのそれなのかは別にして。
 世界コミンテルン会議で決定したことはコミンテルン自体が無くなってしまった現在でも、装置としては各国に「共産党」として存在し、稼働しています。
 共産主義者の言う「旧社会体制の打破」はそのまま「旧社会体制」を滅ぼす活動なわけですから、旧社会からすれば、途方もない大陰謀です。
 休日を一か所にまとめ、いずれはなくす、ということは、間違いなく、「旧社会体制」の否定につながりますよね。

Comment by: 再起SR400  | 2013- 07-15 | 編集

ややっ

 ゴエモン君いらっしゃい。
 こちらこそ、分かり易い記事をありがとう。
 またお願いしますよ。

Comment by: 再起SR400  | 2013- 07-15 | 編集