「一つに絞る」(肘打ち、数稽古)

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

 こんにちは。
ちょっと この記事とはズレますが、カリスマ性の持ち主は王に、万能な知恵者は参謀に、一芸に秀でるものは軍将に、人望の厚い者はまとめ役に。この構図が崩れ、皆が王になりたがってグチャグチャな日本になっている様に思えます。
 田中総理の時の二階堂進、小泉総理の時の武部さんのように皆をまとめる人がいません。最近のの主要ポストについてる人は総理の椅子を狙っている人ばかり。
 合気道の達人で48kgの塩田剛三氏がケネディ大統領の巨漢SPを ねじ伏せた話は有名で、極めるには、すべてを求めてはだめ、小さいものが同じ鍛え方をしては勝てない。と 言っておられました。

Comment by: るどるふくん  | 2013- 06-17 | 編集

Re: タイトルなし

 ありがとうございます
 確かに、「分を守る」という言い方も、そういう考え方も見られなくなりました。二階堂氏にしても武部氏にしても、周囲に何と言われようと、「これが自分の仕事」、と徹して居られたような感じでしたね。
 「本当は誰だって総理になりたいのだ」と言いますが、仕事に徹するうちに、自分の最適の場、とでもいうようなものが自他共に見えてくる、つくられていくものなのかもしれません。
 徹して目をつくり、その目で見、判断し、行動することによって、そういう環境を内外につくっていく。
 塩田氏の「極めるには、すべてを求めてはだめ」、との言にもその意味があるんでしょうね。

Comment by: 再起SR400  | 2013- 06-18 | 編集