何食わぬ顔をして、今日もまた妥協する

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

 また、お邪魔しました。
野中さんの話が たとえ本当でも、国の利益を考えれば このタイミングで言うのもおかしいし、中国で話したことは 更におかしい。
 予断ではありますが、国連の敵国として、日本の名前が まだ書いてあると聞きましたが、本当でしょうか?かつて日本は、その条文を取り除く為、常任理事国になろうと努力していたといいます。いまだに、その条文を 重んじてる国があるとか。
経済的に余裕のあった日本に、その恩恵にあやかろうと、こびていた国々も 今は、経済大国になった中国に こびてるようにしか思えないのですが。

Comment by: るどるふくん  | 2013- 06-05 | 編集

Re: タイトルなし

 お出でいただき、喜んでいます。
 野中氏の発言は、実際にテレビで見たのと、記事にされたものとでは微妙に違います。
 確かに現安倍政権に対して批判的な立場の人ではありますが、「棚上げ論はあった」という言い方ではありませんでしたよ。
 「田中先生が『棚上げの話はあった』と話されたのを聞いた」
 だけで、決して「棚上げ論」ではないのです。
 田中氏が尖閣のことを持ち出したら、周恩来は「今、その話はやめよう」と言っただけなのに、何で「棚上げ論」になるのか。
 これは後の鄧小平が「次の世代に」という言の切っ掛けにしただけで、実質は「論」の体裁すら成っていなかったものです。だから、公式の記録には残されていないのです。それを菅長官は「公式の記録にはありません」の一言で切り捨てたのであって、それを採るべきを、日本のマスメディアはまるで三流週刊誌のようにあんな風に書き立てました。

 いずれにしても、そういう風にとられることを百も承知で、今、シナに招かれていく、ということ自体、野中氏、おかしいと私も思います。
 
 国連憲章には敵性国家という文言が今も残っています。訂正されていません。彼らから言えば「第二次世界大戦」の敵国は、最終的には日本だけです。だから、敵性国家は日本一国に限定されるという事になります。
 それから、国際連合という訳ですがnationを「国際」と訳すから分からなくなるのだ、という意見もあります。united nationは「連合国」という意味しかない、と。つまり戦勝国連合に敗戦国日本が頭を下げて加えてもらっている、という道理が「国連」という訳では分からないじゃないか、ということです。

「いまだに、その条文を 重んじてる国があるとか。」
それがこのたびのシナの日本批判に出ていましたね。
「敗戦国なら敗戦国らしくもっとしっかり反省せよ」、と。

 高校生の頃、「日本は電気もない国に行って電化製品を売りつけ、直すこともできない高価な医療機械を送って支援していると言っている。現地の住人はそれを決して喜んでいない。却って、スコップや包帯を送ってくれる旧宗主国の支援の方を喜ぶ。費用は何十分の一なのに」、といった話を聞いたことがあります。
 今になって思うと、当時の我が先輩方の苦労、努力をそんな風にしか伝えなかったメディアってのは、本当に酷かったんですね。(今も、ですけど)

Comment by: 再起SR400  | 2013- 06-05 | 編集