「秘すれば花」

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

いつも読み逃げで、ご無沙汰しております。

「書き留めて」みる、同感です。
自分を客観的に見るためにも、一度自分の言葉で書いて置く、大切だと思います。
有る事柄に付いては何回書いてもいつも同じだったり、また有る問題に付いては後から読んで小っ恥ずかしかったり。進歩無しの自分を確認、反省する良い材料になります。

Comment by: ara71ne  | 2013- 03-25 | 編集

Re: タイトルなし

 ありがとうございます。
 読み逃げは私も人後に落ちませんので(自慢してどうする)、コメントいただいて喜んでいます。
 何しろ思いついたら忘れぬうちに、とやっつけ仕事で書くものですから、言葉足らず、独り善がりの繰り返しで。
 でも、こうやって書いて置くからこそ、思考経路を後で客観視できるんですよね。今、書きながら今の自分を客観視、なんてできないし、そんなことできたって二重人格みたいなものであんまり意味、ありませんし。
 恥ずかしいと思う自分がいるということは、以前の自分より何かしら生長しているからだと思うんですが、書いたことを忘れていて、面白がって読んでいる自分に気付いた時、何とも複雑な気持ちになります。
 「あれぇ?退行してない?」って。

Comment by: 再起SR400  | 2013- 03-25 | 編集

お礼まで

いつも訪問ありがとう。
前回のときはこちらに訪問して記載することを失礼した。
今回は、失念なきように記載しておきます。
私はすでに老齢の身なれば、ブログも記憶のための訓練とばかりにやっているような始末です。
あの年のことは、いくらボケ気味とは言えども、自然災害(阪神淡路大震災)での人間の立ち直りに対する「信」をどうするのか、そしてサリン地下鉄事件での「無差別殺人」を宗教という列島の眼差しはどうするのかと言う、共に人間界での「信」ということだろうな、とぼんやりと思っていたのは確かです。

すぐに答えのでない課題ではあっても、人間界への信頼は失わないように「思考」していく道筋が少しでもあれば、「すがりたい」という気分でした。
今なお同じです。
そのために、あのような記載になりました。

貴君の言うように、なぜか阪神淡路大震災の報道が薄くなったことは事実でしょう。
やがて、忘れることによって「苦痛」を解消していきたいという人間の揺らぎが促進したということでもありましょう。

今度は東日本大震災とフクシマ原発。
共に、忘れることでの気持ちの「救済」はもはや無理でしょう。

若い貴君のような人々が、忘れずに記載していくことが、何よりも大切な時代に入ったということでもありましょう。
ではまた。

Comment by: 中年不良探偵団  | 2013- 03-25 | 編集

Re: お礼まで

 コメント、ありがとうございます。

「やがて、忘れることによって「苦痛」を解消していきたいという人間の揺らぎが促進したということでもありましょう。」

 やはり、被害は少なかったとはいえ、当事者からすると、「忘れることによって「苦痛」を解消していきたい」というのはごく一部だったのではないかと思います。
 で、少なくとも希望のともしびとなったのは、神戸新聞の数日後の仮設住宅建設開始の記事見出し「建設の槌音高く」、とか、暴動は起きず、被災者がコンビニ等の前に一列で並んで順番を待っていた等の記事だったのではないかと思います。
 「そうだ、やけになっても何にもならない、今、一人一人が少しずつ辛抱をしなければ」、という気にさせられました。
 それ以外の大手新聞は全て、いつまでたっても被害状況の皮相的な記事ばかりで。
 もしかしてもう記事に行き詰ったのではないか、そこにサリン事件があったからしめたとばかりにそちらにかかったのではないか、と。
 
 大震災と原発事故はつながっています。けど、兵庫県南部沖地震とサリンとは全く関係がありません。
 そうそう、今回の風評被害と同じように、自分が被害を受けていなければ平気で人を傷つけるという事、あの時もありました。記録のため、とカメラを持ち出して、写真を取りに来るのは良いけれど、フィルムケースや空き箱をみんなそこらに捨てていく者とか、ガソリンは必ず入るからと言うのに、自分だけは、とGSに行列を作り、結局臨時休業をさせてしまったとか。
 大方は地元の人じゃないんですよね。
 或る意味、当時とあまり変わってないんじゃないかな、と思います。

Comment by: 再起SR400  | 2013- 03-26 | 編集