これも日本の文化になる・・・んですけどね。

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

私の家も、商業主義に毒されて、恵方巻で夕食を摂りましたが、それもまた良し。孫の頭の中に節分の行事の記憶が残れば、大人になって考える時の引き金になればと思っています。
食べ物と記憶は繋がりやすいように思いますので、正しく考えられる歳になった時、日本の行事を考える時の引っかかりになれば良いと思っています。

今はテレビ映像の社会ですが、何でも一度自分で考える癖をつけられると良いのですが、自分で考えることがいかに大切か、そのことが判るには時間がかかるのでしょうね。

教育の大切さに帰着してしまいますが、なかなか難しいですね。

Comment by: ara71ne  | 2013- 02-04 | 編集

Re: タイトルなし

 そうですか。恵方巻き、食べられましたか!これはこれは。
 でも、仰る通り、それもあり、ですよ。後々に考えるきっかけになればそれもまたよし。
 ドラえもんの恵方巻きならもっといいかも。何しろ、どら焼きは入ってる、海苔の外側に鈴はついてる、ですからね。
 視覚は、記憶にせよ思考にせよ、大活躍ですが、本当に大事な、根っ子になっているものは、視覚より、聴覚や味覚、嗅覚、そして、触覚だったりします。
 昔聞いた音楽で、或いは臭いで、一瞬に数十年の時を飛び越え、当時のことをまざまざと思い出したりしますからね。
 きっとお孫さんも恵方巻き、「何と食べにくいものだよなぁ。美味しいけど」という言葉としての記憶より、口いっぱいに頬張った時の触覚の方を、大きく記憶されたことでしょうね。

Comment by: 再起SR400  | 2013- 02-04 | 編集