伊達の薄着

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

昔からだけど、いつ事故に遭わないとか限らないし倒れて病院に担ぎ込まれるか分からないので、不測の事態に何時でも対応出来る様に家族にも下着はいつも新しく清潔なものにしています。
これと同じ心境なのかな・・チョットチガウ? スミマセン

Comment by: butti  | 2012- 01-29 | 編集

Re: タイトルなし

 なかなか上手く書けないものです。
 「伊達」者はカッコいい。みんな一目置いてる。
 けど、「伊達の薄着」はお調子者のやせ我慢。それを半分笑いながらでも、周囲は支持している。
 「伊達の薄着で風邪を引く」となると、ただのお調子者で、周りは嘲笑しているだけ。

 周りが認め、本人も当たり前、なら、社会のレベルも高いけど、
 お調子者じゃ、やせ我慢(という努力)しか認められない。周囲も、笑っている場合か(自分はどうなんだという反省がない。)ということだけれど、支持することで、「伊達の薄着」をする者を励ましている。
 それが「風邪を引く」となると、やせ我慢も足りないただのお調子者。周囲も自分は何の努力もしてないくせに、初めからバカにしていることで自身の向上心を踏みつけにしている。
 今の日本人の多くは、まさにこの三番目なんじゃないかと。

 でも、今日、改めて読み直してみて、「これじゃ何を言ってるんだか分からんわなァ」と反省しきり。

Comment by: 再起SR400  | 2012- 01-29 | 編集