「目的は何か」を考えてみる

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

No title

・・・・・とどのつまりは、震災のお陰で全ての罪が流されていると・・・

家族や家や財産も全て流されたのが被災者。
罪を流されたのは、菅ちゃん・・・・・・・・
悪い天災ですねぇ・・・・・・・・とんでもないですねぇ。

ノアの箱舟でも来ちゃったんでしょうねぇ、ヤツにしたら。

いったい、この箱舟・・・・・何を載せてるんでしょう・・・・・

朝鮮人のつがい・・・・百対くらい軽く居そうですね・・・・

人類の財なんてこれっぽちもないんでしょうね・・・・

キムチだとか、食用犬だとか、恨み・つらみ・妬み・・・・

いっぱい載せてるんだしょうねぇ。


照準定めて、ロックオン・・・・・・いっちゃいましょう!

Comment by: 西斗康拳  | 2011- 05-30 | 編集

Re: No title

 禍福は糾える縄の如し。罪だけ流されたかどうか・・・・。
 これだけ好き勝手なことをやっている総理大臣はかつてなかったですから。
 あの(!)鳩山総理だって、これほど姑息ではなかった。
 ところで、食用犬の本家は支那でしたね。あのチャウチャウってのは、そうなんでしょう?
 日本でも、私の子供の頃はよく聞きましたよ、大学の寮なんかでは、犬を食ったことがある、って。
 津本陽氏の「薩南示現流」には薩摩の武士は犬を食うことがあって、その食べ方なんかが書いてありました。
 何だか美味しそうでしたけど。えのころ(犬ころ)飯。

Comment by: 再起  | 2011- 05-30 | 編集

No title

・・・・あ、そうですか・・・・鹿児島で・・・・へぇ。

話がそれますけども、
昔、馬って重要な交通手段じゃなかったですかぁ。
ほんと、小学校上がる前に、本家で馬飼ってたんですよ。

半農の兼業商店で簡易郵便局もやってたと思います・・・・
廃業して、農家一本でやるときにも、農機具揃えてるのに、
馬・・・・・ずぅっと飼ってました・・・・・馬ソリもありましたし、
近くの小学校で、出張馬そり体験会もやったりしたりして・・・・

んでね、
二頭とも、天寿をまっとうするまで、じい様面倒みてたんですよ。
・・・・情が移って、食べる対象にならなかったって言ってました。
小さなホコラっていうんですか・・・・ちゃんと今でも、
馬頭観世音様として、祭っています・・・・・・。

犬でもそうですよ・・・・・・・・
それを言ったらね、
朝鮮人はウチの茶色の北海道犬・・・・見たらよだれ流すはずですよ。
やはり情がありますからね・・・・どんなに食べるものがなくなっても、
愛犬と一蓮托生ですよ、ほんとに・・・・・・。

だからね、
やっぱり、もうこの時代でしょ?
かの国は、犬を食べないとやっていけない食糧難なんですかね。
・・・・・ヤツ等・・・・苦しませて殺したらもっと美味くなるって
とどめ、いつまでも刺さないんですよ・・・・・畜生ですよ、マジで。


しかし、冷静に考えると、鯨もそうなんでしょうかね・・・・・・

鯨増えたら、食べる魚なくなっちゃうし・・・・・食文化とは難しいです。

Comment by: 西斗康拳  | 2011- 05-30 | 編集

Re: No title

 はい。食文化というのは色々です。だから、一概にきめつけることはできません。
 我々が鯨を食べることに対してとやかく言われたくないのは当然のことです。
 そこを、同じく自分らは牛馬豚を当たり前に食って来たことを考えてくれたらこんなに喧しいことにはならない。日本人なんてのは、桓武天皇の昔から四足は食わなくなっていたものの、「薬食い(ゲテモノではなく)」と言って、必要に応じて食べてきたわけです。猪、鹿、兎辺りは当然のこと、東北のマタギが猟犬として連れて行ったのは、非常食でもあったんでしょう?
 けれど、彼らのように「四足で食わないものは椅子と机(支那)」だとか「弱ってからの方がうまい」なんて残酷なことは考えません。アイヌの祭りがそれを象徴しているでしょう。あのまま、あれは、原日本人からの感情です。感謝の気持ちを持って、命をいただくのです。
ついでながら、「苦しませて殺したら~」というのは、失血させることを言ったのでしょう。血なまぐささを取る。魚の血抜きと同じと思われます。我々には受け入れられない残酷な感情ですが。

Comment by: 再起  | 2011- 05-30 | 編集

No title

再起さん

私、日本が出来あがってから一度だって侵略もされず、おまけに一回だけ戦争に負けても、いままで良くそれなりにでも日本がもっているなあと感心しています。
昔の事を書いたらキリがないけど、江戸時代の下地は戦国にあり、江戸時代の基盤があって明治があった、明治の基盤があって昭和があった・・
では平成の基盤は、昭和を生きた方の基盤が今の平成の時代です。
唯一いちどの大東亜戦争に負けて、他国からも国内からも日本が叩かれた
経済だけは発展していったけど、肝心の愛国心が奪われてきました。
その集大成が今の平成の末期状態の世です。
民主主義の日本では国民が政治家を選挙で選ぶとしています。
今の結果は日本の民の総意で決まってしまった
戦後教育を受けた選挙権がある国民が選んだと言うことです
難しい言葉で言えなくて申し訳ないけど、辛いですよね・・・
我が国の今に腹の底から泣いたこともありました
でも、言える事は欠点だらけの日本もやっぱり大好きと思える事
私はやっぱり日本人だね・・

Comment by: butti  | 2011- 05-30 | 編集

Re: No title

 そうですよ。今の日本が「大丈夫」、だなんてとてもじゃないけど言えません。
 でも、二千六百年の間、我が国は本当の意味で占領されたのは昭和二十年からの七年間だけです。
ただ、怖いのはそれからずっと心が蝕まれてきたということです。
 正直、昨年末までは、もしかして、と思いました。
 けど、この地震と津波だけでなく、人災と言って間違いない原発事故。或る意味で、菅総理と民主党は、日本人の心を取り戻す火種になったのかも、と思います。感謝どうこうじゃないんです。逆に彼らの我欲が、欲の皮が、突っ張った分、彼らにはこれから大変な時がやってきて、我が日本はこれを機に本当の復興を遂げるんじゃないかと思っています。

Comment by: 再起  | 2011- 05-30 | 編集