ホントの効率主義

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

三っ太刀さん

最大限で最小の結果ですか・・・・・。
これは・・・わたしの日常です。

本人は最大限の努力をしているつもりでも
どこか抜けている。
第一、脳みそが欠けている。
体が重いので努力していると言い訳をしている。

その努力は最大限・・・ではない。
まだやれる・・・のに怠け心が顔を出す。

ちゃんと全力を出した・・・とは
言い訳にもならない結果である。

うむ・・・・空しいなぁ。

Comment by: 楽さん  | 2017- 02-22 | 編集

 楽さん
 最大限の努力をしていてもどこか抜けているからこそ、最大限の努力をしなけりゃ「最小(と見える最良)の結果」は得られないんじゃないでしょうか。
 「ほどほどにやってほどほどの結果が出りゃいいや」、なんて言う人もいますが、ほどほどにやってると穴だらけで、結果は初めっから失敗、ってなことになります。(これは私の、自信もって言えることです。失敗経験、数多あります。最初は叱られていたけど、もう、終いには呆れられ、匙を投げられてしまって今があります。とほほ、です)

Comment by: 三っ太刀  | 2017- 02-22 | 編集