しだらない (後)

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

三つ太刀さん

しだらないので・・・・困っています。
部屋がしだらない。
服装がしだらない。

なぜかワタをくっつけて歩いています。

しだらないったら
ありゃしない。

Comment by: 楽さん  | 2017- 01-22 | 編集

 楽さん
 自分が「だらしない」と言えば、聞いている方は「そんなことありませんよ」と応えてたんでしょうね、きっと。謙遜だ、ってわかるから。
 「しだらない」、って直接言われたら、本当にそうだったとしたら返答に困ってしまう。
 楽さんはどっちかな~~?
 「なぜかワタをくっつけて~」。面白がっているのが伝わってきて噴き出しそう。

Comment by: 三っ太刀  | 2017- 01-23 | 編集

推薦と推挙

昨日、横綱昇進のニュースが「稀勢の里を横綱に推薦することが決まった」と流れてきました。
あれ?「横審は横綱に『推挙』するんじゃなかったっけ?」

昨日から調べているんですけど、なかなか明快な答えが見つかりません。
もしかしたら、いつも聞きつけない言葉「推挙」を使わずに、わかりやすくて似ている「推薦」を、マスコミが勝手に使い始めたのでは?などと疑っているんですが。。。。。
もし御存知でしたら教えてください。

Comment by: ◆鈴木淳子◆  | 2017- 01-24 | 編集

 じゅん×じゅんさん
 えっ、そんなこと書いてあったのか?と思って産経の記事を見たら、確かに「推薦」って書いてありました。
 推挙と推薦じゃ立場が違うから、と思って、wikiを見たら、吉田司家から離れて以降、大相撲協会の理事会が横綱を決める際、有識者の審議会の「推薦」を「尊重する」って書いてありました。
 どちらにしても理事会の方が上にある、という形ですが、記事の書き方からすれば審議会が理事会と同等か、それ以上の立場に見えます。
 尤も、このwikiの文章自体が最近の八百長云々以後の公安委員会や警察からの天下り等、何かしらの権力が介入するようになってから書き直されているはずですから、審議会を通して大相撲協会の旧態を改革する一環として、敢えて「推薦」という露骨な表現がされた可能性はありますね。だからマスコミが結託して、ではなく、審議会の発表自体が「推薦」の語だったんじゃないでしょうか。
「生前退位」のような悪意を感じる言葉はマスコミでなければ生み出せないでしょうけど、「推挙」だったのを「推薦」にしたのは、以上、書いてきたようなせめぎ合いが感じられます。

Comment by: 三っ太刀  | 2017- 01-24 | 編集

三つ太刀さま

ご教示ありがとうございます。
推挙はかの朝日新聞がネット記事の見出しに使っていて、本文中ではカッコまでつけて「推挙」としてたんです。
いずれにしても、推挙という日本語が消えてしまうのかしら?とちょっとさみしくなったので気になって。とはいえ、言葉というのは生き物ですから、気にしすぎる必要もないのかもしれませんが。

Comment by: ◆鈴木淳子◆  | 2017- 01-24 | 編集

 先ほどテレビを見たら、横綱審議会は「推挙」と言ってますね。
 けど、放送したtbsは、間違いなく「推薦」と書いてますし、産経がそうなんだからフジテレビもそうでしょう。アサヒだけが「推挙」というのも何だか不思議な気がします。
 おっしゃる通り、あっさりとマスメディアが「推挙なんて古臭い」とばかりに「推薦」にしたんでしょうか。「アサヒの反対をすれば間違いない」、とばかりに・・・?

Comment by: 三っ太刀  | 2017- 01-25 | 編集