銀杏の木

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

三つ太刀さん

素晴らしい高校ではないですか。

教会とお城なんて
とても想像ができません。

というか・・・・こちらでは城など
まずは見ませんから。

あ、観光用の徳川城がありましたっけ。
それも、さびれて早くも夢の跡です。

高校から名所に昇格された高校は
思い出どもの夢の跡ですね。

行政の手によって不格好に枝が切られた街路樹が
こちらにも沢山あります、
切られなければ倒されるのですから
人工矯正の悲しい構図ではありますが
植えられた場所の不幸というものはあるのでしょう。

どこに植えられても秋の銀杏の黄色は目を引きます。

Comment by: 楽さん  | 2016- 12-10 | 編集

 堀に架かる橋を渡り、大手門をくぐって左に曲がり、数百メートル行ってさらに左に曲がると、正面に校門が見えます。 
 山鹿素行の座像を右に見ながら進み、校門をくぐると本館です。右隣が運動場で、二の丸のほとんどが運動場になっていました。
 城の石垣と堀、プロシア風の本館に、プロテスタントの教会にありそうな図書館でした。
 公立校だから、建学の精神云々はありきたりのものでしたが、やっぱりこんな雰囲気の中で三年間過ごせた、というのは良い経験だったのでしょうね。

Comment by: 三っ太刀  | 2016- 12-10 | 編集