世間からすればただの笑い者

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

あぁ~良かったです。
安心しました。
流石武道のお方だわ。感服しました。

Comment by: 薔薇姫s  | 2016- 01-14 | 編集

薔薇姫sさん
我が身の恥を書いてみました。「個別的自衛権はある。けど、集団的自衛権は手伝い戦さに駆り出される」という極端な意見を主にして物事を考えたら、雁字搦めになって何もできなくなるぞ、と。
 また、「備えあれば患いなし」とか「転ばぬ先の杖」というのは、殊勝なようでも、「注意一秒」と同じで大雑把過ぎますからね。「今の自分」を信じすぎちゃいけないと思います。期待はすべきですけど。

Comment by: 三っ太刀  | 2016- 01-14 | 編集

三つ太刀さん

センサー付き照明とは良いものです。

これで安心安全が買えるのですから
我が家でもポストのところにつけています。

Comment by: 楽さん  | 2016- 01-15 | 編集

お怪我が無くてよかったですね。

忙しさにかまけてブログの初めの部分を読んだだけでしたので心配していました。
今、全部を読ませていただきまして安心しました。

家の中での階段での事故は、とても多く危険ですので灯りがついても用心して下さい。

お元気そうで安心しました。

Comment by: うるとらまん  | 2016- 01-15 | 編集

 楽さん
 田舎のトイレと廊下には付けてたんですけどね。こっちは全く用がないと思って。
 有事を想定してなかった、ってわけです。甘かった。
 それと以前から道を歩いていると、各家庭の駐車スペースからいきなり強烈な光が当てられて「そんな車、誰が盗るかい」とむかっ腹を立てていたものですから。窃盗防止のためなら駐車場所に向けて当てろよ、何で道に向けてんだ、と。
 

Comment by: 三っ太刀  | 2016- 01-15 | 編集

 うるとらまんさん
 ありがとうございます。ご心配頂き、ありがとうございます。
 不細工なことをしてしまいましたが、これからはもっとそんなおそれが出てくるでしょうから、今後の課題ができた感じです。

Comment by: 三っ太刀  | 2016- 01-15 | 編集

こんばんは。
何ともなさそうで良かったです。
受け身とは、流石ですね。

Comment by: そらのくも  | 2016- 01-16 | 編集

 そらのくもさん
 カッコよく「受け身」、なんて書いてますけど、「そんな風になった」だけのことですから。
 コケないのが一番ですからね。気を付けます。

Comment by: 三っ太刀  | 2016- 01-16 | 編集

こんばんは。
大きな怪我にならなくて本当に良かったです。
これまで身体を鍛えていた成果なのでしょうね。

私の母が還暦手前の時、庭にある畑で動物よけのために張ったネットに足を引っかけ転んで脛部分の一番太い骨をポッキリ折ってしまい、2か月の入院になりました。
退院しても杖を1年以上使ってましたね。
不意に転ぶことって本当に怖いと思います。

センサーライト、良いですね。
一度そうしたことが起こったら用心するに越したことはありません。
そのひと対策で健康が保てるなら安いものですよ。
昼間でも階段でライトがつけば「また同じことをしないように」という用心の気持ちが通るたびに湧くのではないでしょうか。

実は私、家の階段って急だし踏み外しそうで怖いという思いが常にあるんですよね。
というのは30年近くずっと平屋暮らしだったのであまり階段に慣れることがなく、学校や病院などの建物でさえも階段が苦手で手すりを掴まないと不安で仕方ないのです。
もし私が三つ太刀さんのような体験をしたらきっと手すり設置まで考えますわ^^;。

Comment by: るる  | 2016- 01-16 | 編集

 るるさん
 二ヶ月の入院、って。それはまた大変でしたね。五十を過ぎると、急激に体力が落ちるもんですね。私も五十半ばまでは階段の上り下りは日常のことでしたから、きっとそれだけで体力を維持していたんでしょう。退職して家にこもったのが54歳の時だから、二年ほどであれっと思うくらい脚力が衰えました。女の人は出産がありますから、余計そうだと思います。
>昼間でも階段でライトがつけば~~湧くのではないでしょうか。
 そうです。うっとおしいくらいでなければ、(耳にタコ状態)変わらぬものです。特に私みたいな怠け者は。
 でも、やっぱり調子に乗って軽はずみをしないこと、が一番ですね。

Comment by: 三っ太刀  | 2016- 01-17 | 編集