隷 (後)

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

おはようございます。

隷・・・隷書体がありましたわね。30年も前のことですが、書道かなを習っておりました。隷書体の筆運びは筆圧を均一にする書き方だったのを思い出しました。またかなを習いたいと思いますが…中々・・・。(関係ない話でした

Comment by: 薔薇姫s  | 2016- 01-11 | 編集

 おはようございます。
 本当に多才な方なんですね。尊敬します。
 私なんぞは、ちゃんと習ったものと言えば・・・、です。剣術だって大半は独り稽古で。
 隷書、というのは味のある書体ですね。ああいうものを見て、漢文を習い、唐詩を暗誦させられていた我々の年代は、どうしてもシナは素晴らしいという思い込みで、現代のたかだか六十数年の歴史しかない浅薄な共産主義国(?)を同一視してしまいます。
 それは彼にとっても我にとっても決して望ましいことではないのですが。

Comment by: 三っ太刀  | 2016- 01-11 | 編集

今日は。

字が上手くなりたいと思って始めた稽古ですが、30年前に辞めましたの。また始めたいと思いますがいつになるやら・・・。

Comment by: 薔薇姫s  | 2016- 01-12 | 編集

 薔薇姫sさん
 「思い立ったが吉日」、とは言いますけど、「その時が来る」ということもあるようで。
 意外に「その時」は近いのかもしれませんよ。

Comment by: 三っ太刀  | 2016- 01-12 | 編集