「説明が十分でない」

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

君子危うきに近寄らず

人民解放軍は「国軍」ではなく、共産党の「党軍」です。だから国民党軍と戦った。
その「党軍」の汚職に手を付けたのが習主席。だから共産党という馬車の車輪は前に向いているのに馬は横へ走ろうとしている。
明から清、清から中華民国、中華民国から中華人民共和国へとスクラップ・アンド・ビルドを繰り返して来たあの国(?)は、まだ数十年の歴史しかなくて、すでに断末魔の状態にある。この時点であまり深入りすることは君子のすることではありません。

Comment by: old comber  | 2015- 07-20 | 編集

old comberさん
ありがとうございます。
>人民解放軍は「国軍」ではなく、共産党の「党軍」です。
 ですよね~。だから革命起こして人民を解放したんだからもう解散しなきゃいけないんですけどね。習主席は軍から党の要人から何でもかんでも汚職を取り締まろうとしています。(自分の一族は別ですけど)でも、汚職は中華文明の根幹を成すものですからなくなるわけがないし、根絶することもできない。
 だからこれはそれこそシナ4000年の歴史に従って、永久に取り締まり続けるしかない。新興国中共もこれ以外に方法を知らないわけですから。

 日本の大企業ももう「深入りは~」とは言えないほどはまってますから、相当大きな痛手を受けるんでしょうね。ということは、日本も相当に堪えることになる。
 でも、ここが踏ん張りどころでしょう。
 今、安倍総理がテレビに生出演してますけど、流された街頭インタビューは「安保?分からん」「強行採決はあかんやろ」etc。
 国民がこんなでも、踏ん張るのが政府の仕事ですから。あ~気の毒。

Comment by: 三つ太刀  | 2015- 07-20 | 編集