無題

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment by: -  | 2014- 12-17 | 編集

昨晩、早速拝見してきました。
昨日の時点でブックマークし直して置きましたので、また伺います。

Comment by: 三つ太刀  | 2014- 12-18 | 編集

三つ太刀さま、お早う御座います。

『蝋燭が消える寸前、一際大きな炎となって輝くように、人の末期も特別な『透徹』した眼を持つ瞬間』ですが、武道で云われる観の眼と同じものなのでしょうか?

いつも新しい学びを下さり、ありがとうございます。



Comment by: うるとらまん  | 2014- 12-24 | 編集

うるとらまんさん
 ありがとうございます。
 この文章は川端康成の書いたものを独断でまとめたものですから、本当のところはわかりません。実際のところ、氏が武術のことを知っていたかどうか分かりませんし。
 けれど、うるとらまんさんの仰る通り、「観の目」と同じものではないかと、私も思います。

Comment by: 三つ太刀  | 2014- 12-24 | 編集