刮目して見ることも半眼で見ることも

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

皆が気付き始めている。

こんにちは、こちらではお初です。
普段あまりボヤかないウチの母も流石に、朝や昼テレビを付けながら、
「まぁーたやってるよこのニュース!」とウンザリしているようです。
「いつもあんたの言う韓国の酷さがようやくわかってきた」
とも言っていました。今更?私はもうとっくに知ってたけどねと返すと
「ほら、母さんはネットとかよくわからないし見ないから…」だそうで。
ここから見て取れるのは、確実に嫌韓は広がっていて、
ネットをやっていない層にもアチラが一体どんな国なのかという事が
浸透しているという事ですね。

>「九条にノーベル賞を!」なんてのは、
>もう頭に何か湧いているに違いない

あの主婦、サヨクの活動家だっていう噂をどこかで聞きました。
いわゆるプロ市民ってやつらしいですよ。

Comment by: SERUNA  | 2014- 05-13 | 編集

 SERUNAさんこんにちは
 そうなんですよ。局はまさか意図的にではないと思うんですが、結局は嫌韓のプロパガンダをやっているような現実です。
 それは或る意味、日本の掩護射撃みたいなことになってるんですが、どうなんでしょう、それを喜ぶ筈の側が狭量というか、先を全く見ようとしないというか、潔癖症と言うか・・・・。
 でも、結果として、お母様のように「もう、ウンザリ!」という人が激増しているんじゃないかと思います。それは瓢箪から駒、ではあるけれど受け入れるべきでしょう。

 「ほら、母さんはネットとかよくわからないし見ないから…」
 こういう受け答えを平然とできるのが本来の日本人だと思います。此れでなければ国論を左右できませんよ。やはり、間違いなくテレビは役に立ってますね。

 ネットを見るだけで、己の品性を高めることをしないで何でも分かっているような気になっている私みたいなのが、結局は「木を見て森を見ず」になってしまうんです。

 私も、あの主婦がプロ市民だという情報を目にしました。
 大体がこんな大切なこと、思い付きで始めて、それに賛同者が続出する、なんて理屈から言ってあり得ませんよ。既存の組織があったればこそ、できることです。
 民主党の国旗切り貼り事件の経緯を見れば、全く同じ流れになっていることが直ぐにわかりそうなもんですけどね~。

Comment by: 再起(せき)SR400  | 2014- 05-13 | 編集