「和食が世界遺産!・・・・・。」  (下)

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

再起SR400さま、こんばんは。

和食三部作、楽しく読ませて頂きました。
感謝します、有難う御座います。

「一見しただけでは自然のままの物にしか見えない」和食が原点で、

海外でもラーメンが人気とのTVを放映していました。

日本人が古来から昆布などうまみを味わい続けて、
うまみにたいして肥えた舌が和食を生み出し、
人気のラーメンもスープのうまみを追求し続ける
ラーメン業界から生まれ続けているお話でした。

日本人がこんなにスープにてまひまをかけていることに感激しました。

再起SR400さまの文章に書かれている通りだと思いました。

これからも色々と学ばせて下さい。
有難う御座いました。

Comment by: うるとらまん  | 2014- 04-24 | 編集

うるとらまんさん
いつもありがとうございます。
「日本人がこんなにスープにてまひまをかけていることに感激しました。」
改めて、この言葉を拝見して思いました。
どんな分野であっても打ち込んだことには手間暇かけてやってるんですよね。たった一杯のスープじゃない。
そのスープを「何気なく作っているように見える」、ようになるまで、数知れない失敗があったことは当然のことながら、何よりものことは、そのスープを更に怠ることなく良いものへ進めようという日々の努力が続けられているってことでしょう。
一本の突きにこれまでの修練の全てが表わされている、ということでしょうか。ただ一打ち、と見える中に、全ての打ちが含まれているのだ、と。
「宝は土俵に埋まっている」という言葉を思い出しました。

Comment by: 再起(せき)SR400  | 2014- 04-25 | 編集