或る新聞社の記事の造り方。(社是??)

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

わたしの近所に住んでいるおじいさんの話です。

わたしの住んでいる町で遺跡捏造事件のときに
おじいさんのところへ新聞記者が取材に来て、
相手のことを根掘り葉掘り聴いてきたのですが、
どうにも帰りそうも無い。

「あの人にも事情があったんでしょうねぇ」
と何度も言ってたんですが
ふと、思いついて「許せませんね」と言ったところ
さっさと引き上げていったそうです。

つまり裏切られて憤慨している住民の話をもらいたくって
何時間も粘っていたというわけです。

う~~ん、嫌になりますね。
悪人製造作業ですもん。

Comment by: 楽さん  | 2014- 02-16 | 編集

ですよね~、やっぱり。
遺跡捏造事件や偽ベートーベン事件、となると動かぬ証拠があるわけだけど、言葉に関しては「言った、言わない」、だけでしょう?経緯なんて完全に無視。
シツコク「確かに言った!ホントにどうしようもない」、と声高に言い立て、書き立てした方が勝ちですもんねぇ~。
百田氏の応援演説が理由で、米大使がNHKへの出演拒否、なんてのもホント、呆れてしまいます。

Comment by: -  | 2014- 02-16 | 編集